BeagleBoardへUbuntu12.04とOpenCV2.4のインストール

5/1にUbuntu12.04とOpenCV2.4が立て続けにリリースされたので、BeagleBoardへ入れてみました。

1.Ubuntu12.04について

以下のサイトを参考に、プレインストールイメージからインストールしました。

http://legacyos.homeip.net/beagleboard2/

http://elinux.org/BeagleBoardUbuntu

そのほかの設定もこれまでと同様の手順で、特に問題なくインストール完了しました。

試してはいませんが、12.04ではarmhf(ARM Hardware Float)版となり、浮動小数点演算のパフォーマンスが上がるのではないかと思います。

2.無線LANについて

前の記事①前の記事②では

・無線親機 Buffalo WZR-HP-G300NH

・無線子機 PLANEX GW-USValue-EZ

を使用していました。

その後、無線親機をNEC Aterm WR8750Nに変えたところ、どうやってもGW-USValue-EZから接続できなかったため、無線子機にはBuffalo WLI-U2-KG54を使用していました。

その際、以下のようなエラーが出て、通信も安定しませんが、

以下のコマンドでパワーマネジメントをOFFにすると直りました。(wlan2の番号は環境に合わせる必要があります。)

OS起動時にOFFにするために、/etc/rc.localに以下を追記しています。

(ただし、スクリプトが実行されるタイミングが遅いため少しエラーが出ます。)

GW-USValue-EZが11nに対応し最高150Mbpsの通信速度に対して、WLI-U2-KG54は11gで最高54Mbpsとなりますが、WLI-U2-KG54の方が電波の通りが良いようで、実質はあまり問題はありませんでした。

Ubuntu12.04でも上記と同様にGW-USValue-EZはNGで、WLI-U2-KG54もパワーマネジメントをOFFで通信ができるようになりました。

3.OpenCV2.4について

今回は2.4をインストールしましたが、6/2に既に2.4.1がリリースされています。今後は1~2か月の短いペースでバージョンアップする予定のようです。

ビルドに必要なパッケージのインストールから、ビルドまで以下の通り。

2.3.1までは、当環境にて使用しているUSBカメラ(LOGICOOL C905m)では以下の対応が必要でした。

MJPEG形式が使用できないので、YUYV形式を使用する

カメラの画像が遅延する

2.4ではC905mでもMJPEGが使用できるようです!!

また、その結果非常にスムーズに表示され、ソースを変更しなくても遅延も少なくなりました。

Ubuntuのバージョンアップではあまり違いを感じられていませんが、USBカメラ(LOGICOOL C905m)が問題なく使えるようになったのが非常にうれしいです。


本格派対局将棋 ぴよ将棋
本格派対局将棋アプリ ぴよ将棋
[Android] [iOS]

かわいい「ひよこ」と対局する将棋アプリ。かわいいけどAIは本格派!
対局後の検討機能や棋譜管理機能も充実!棋譜解析機能も搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。