BeagleBoard-xMが届きました

4/4にDigi-Keyに頼んでいた、BeagleBoard-xMが4/18に届きました。

発注時には在庫がなく、4月末の入荷予定となっていたので、思ったよりも早かったです。

値段は¥14,048(送料¥0)でした。性能や機能を考えるとかなり安いと思います。

箱を開けて、サイズの小ささにびっくり。写真では見ていましたが、現物は想像よりも小さかったです。

BeagleBoardはインターネット上にたくさんの情報があるので、詳しくは書きませんが、CPU:ARM Cortex-A8 1.0GHz、MEM:512MB、MicroSDカード、イーサネット、USB、DVI-Dなど全部入りのボードで各種LinuxやAndroidが動きます。

はやく電源を投入したくなる気持ちを抑えて、「Beagleboard-xM で遊ぼうのこーなー(ハード編)」http://legacyos.homeip.net/beagleboard2/ を参考に透明プラ板でケース(犬小屋?)を作りました。

f:id:studio_k:20110423202029j:image:w400

とりあえず、付属のSDカードで起動してみました。

付属のSDカードにはAngstromがインストールされています。

f:id:studio_k:20110423202030j:image:w400

PC用のディスプレイにHDMIケーブル+HDVI-DVI変換器で接続、

コンソールはシリアルでPCに接続(115200bps)、

ネットワーク・USBキーボード・USBマウスも問題なくつながりました。

このボードを使って、今後以下のことを試してみたいと思います。

  • Ubuntuの立ち上げ
  • 無線LAN接続
  • USBカメラの接続とストリーム配信
  • バッテリーでの起動
  • USBカメラでの動画認識(OpenCV)
  • 2足歩行ロボ(KHR-2HV)との接続

Android用 本格派対局将棋 ぴよ将棋
本格派対局将棋 ぴよ将棋

かわいい「ひよこ」と対局するAndroid用将棋アプリ。かわいいけどAIは本格派!
対局後の検討機能や棋譜管理機能も充実!棋譜解析機能も搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。