BeagleBoard-xM + Ubuntuで無線LAN

BeagleBoard xM rev.C + Ubuntu10.10に無線LAN子機「Planex GW-USValue-EZ」を導入し、ようやく(WPAで)接続ができました。

なお、無線親機にはBuffalo WZR-HP-G300NHを使用しています。

f:id:studio_k:20110529190549j:image

BeagleBoard xM にGW-USValue-EZを取り付けたところ。小さい!!!

GW-USValue-EZのドライバはUbuntu10.10には含まれていないため、USBに挿しただけでは認識しませんでした。

GW-USValue-EZにはRTL8192CUが使われており、メーカー(realtek)のサイトからLinux用のドライバーがダウンロードできます。ただし、ソースなので、コンパイルが必要です。

以下に手順メモを記載します。

(2012/6/9追記 Ubuntu11.04以降にはドライバが含まれていましたので、コンパイルは不要です。)

【ドライバーのインストール】

  • ドライバーソースをダウンロード

http://www.realtek.com/downloads/downloadsView.aspx?Langid=4&PNid=21&PFid=48&Level=5&Conn=4&DownTypeID=3&GetDown=false&Downloads=true

今回はRTL8192CU_linux_v2.0.1502.20110402.zip をダウンロードしたが、5/28時点で新しいドライバが公開されている。

  • ソースを解凍するためUNZIPをインストール

  • ソースの解凍

  • ドライバーのビルドとインストール

以下のエラーで止まった。

/lib/modules/2.6.38.4-x3

build -> /build/buildd/linux-2.6.38 へハードリンクが張られているが、リンク先が存在しない。

カーネルのビルドを行った。


★カーネルのビルド

なんか聞いてくるが、デフォルトで。

(ビルドするのに8時間ほどかかった。)

※今回はカーネルをビルドしたが、以下でよかったかも。


以上で、カーネルのビルドができたので、ドライバーのビルドに戻って、、、

なぜかアーキテクチャ(arm)がうまく取れないので、セットするように修正

コンパイルが進むが、usb_intf.cでエラー

http://blog.livedoor.jp/mtk_sugi/ を参考に、以下のように修正

install.shがdriverディレクトリを解凍してusb_intf.cを上書きしないように、tarしているところをコメントアウト

無線子機(GW-USValue-EZ)をUSBに指して、

で、8192cuができていればOK。また、

で、wlan0ができていればOK

ここまでできれば、後はBeagleBoardというよりはUbuntuでの無線LANの設定の問題となる。

【無線LAN親機の設定】

今回使用した、Buffalo WZR-HP-G300NHでは無線の認証方式が「WPA/WPA2 mixedmode – PSK」となっており、この設定だとうまくいかないとの書き込みがネット上にあったので、「WPA-PSK」の固定に変更した。(この設定を変更するとつながらなくなるかは当方では未確認です。)

★設定手順

  • WEB設定画面にログインし、「無線設定」-「基本(11n/g/b)」を開く

無線の認証を「WPA-PSK」、無線の暗号化を「AES」に変更

  • 「無線設定」-「AOSS」を開く

暗号化レベル拡張機能を「無効」に変更

【無線LAN設定】

  • network-managerが動いているとうまくいかないので、停止させる。

デフォルトでは入っていないかも。入っていない場合は不要。

  • アクセスポイントのスキャン

で、無線親機のSSID等が表示されれば無線のドライバやハードは動いていると判断できる。(無線親機のSSIDがステルスモードの場合は表示されないと思われる。)

  • /etc/network/interfacesを以下のようにする

※なお、有線LANの設定は消しています。

※IPはDHCPではなく、固定としています。IPアドレスはネットワークに合うように適当に変更してください。

  • 暗号キーをwpa_passphraseコマンドで暗号化する

以下のような結果が表示される。

  • /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confを編集

  • confファイルの確認

  • 無線設定確認

で、ESSID等が表示されていればうまくいっている。

  • 設定を変更した時は以下でインタフェースを再起動させる。

  • NetworkManagerをOS起動時に起動しないようにする

NetworkManagerが起動していると、うまくいかないため、停止させる。

※NetworkManagerはもともとは入っていなかったかも。

ランレベル毎に起動設定ができるはずだが、sysv-rc-confやupdate-rc.dを試してみたがうまくいかない(良く分からない)ので、/etc/init以下のファイルの拡張子を.conf以外にしてすべてのランレベルで起動しなくなるようにする。

※redhat系のchkconfigとは設定方法が違っていて良く分からない

OSを再起動して、ping等で通信できればOK。


Android用 本格派対局将棋 ぴよ将棋
本格派対局将棋 ぴよ将棋

かわいい「ひよこ」と対局するAndroid用将棋アプリ。かわいいけどAIは本格派!
対局後の検討機能や棋譜管理機能も充実!棋譜解析機能も搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。