カテゴリー別アーカイブ: Raspberry Pi

OSOYOO HDMI 3.5インチLCDディスプレイモニターを購入してみた

OSOYOO HDMI 3.5インチLCDディスプレイ モニター を購入してみました。

Rasberry Pi用ですが、HDMIですので、PCからでも使えます。
お試しで購入できる価格も魅力的です。

普段はディスプレイをつないでなく、他のPCからリモートデスクトップで接続しているPCに接続してみました。

PCの解像度設定は1280×720ですが、物理解像度が480×320で圧縮表示されます。
全画面のゲームやムービーは良さそうですが、文字は厳しいですね。。。



Raspberry Pi Zero ¥613の衝撃

昨日(11月26日)、Raspberry Pi Zeroが発表されました。

【参考リンク】スペックなどはこちらを参照してください。
わずか600円台のコンピューター「Raspberry Pi Zero」が登場 (Gigazine)

なんと5ドルということで、11月27日時点の為替1ドル122.6円で計算すると、¥613になります。
Raspberry Pi 2の35ドルにもびっくりしましたが、スペックが低いとはいえ5ドルは衝撃です。

CPUはシングルコアながらクロックは1GHzということで、Raspberry Pi 1(B+等)よりも速くなっています。
フリスクケースサイズというのもうれしいです。(フリスクケースに入ると良いのですが)

とりあえず買いたいのですが、PIMORONIは在庫がなくなっているようです(2015年11月27日現在)。昨日は買えたようで、すぐに買えばよかった。。。
しばらくすればスイッチサイエンスさん等でも取り扱いが始まるでしょうから、それまで待つという手はありますが。

買ったら報告します。





【Raspberry Pi 2】 NEON/VFPv4とUnixBenchの実験

Raspberry Pi 2のCPUコアはCortex-A7ベースとなっており、旧モデルにはなかったNEONというSIMD命令が使用できるようになっています。
また、浮動小数点演算コプロセッサが旧モデルのVFPv2からVFPv4に進化しています。(※)
※正確にはVFPはVector Floating Pointの略で、ベクタ演算浮動小数点コプロセッサなのですが、ベクタモードは使いにくくあまり使われなかったため、現在はNEONを使うように推奨されているようで、実体としてVFPv2やVFPv4は(スカラ)浮動小数点演算コプロセッサとして使われています。

gccコンパイラはNEONおよびVFPv4をサポートしているようですので、試しにUnixBenchをNEON/VFPv4を有効にしてコンパイルし、実行してみました。

あ、前の記事:【Raspberry Pi 2】 OSインストールとベンチマークの続きになります。

続きを読む


【Raspberry Pi 2】 RasPiカメラモジュールをOpenCVで使用する

USBカメラはOpenCVから簡単に扱えますが、RaspberryPiカメラモジュールの場合はOpenCVの標準機能ではサポートされていません。

以下のライブラリ(raspicam_cv)を使用することで、OpenCVから簡単にRaspberryPiカメラモジュールが使えるようですので試してみました。
https://github.com/robidouille/robidouille/tree/master/raspicam_cv

続きを読む