カテゴリー別アーカイブ: コンピュータ将棋

新しいバージョンのK-Shogi 2.9.03をリリースしました

k-shogi2903

K-Shogiをバージョンアップしました。

Visual Studio Community 2015でK-Shogiをビルドしてみた の記事の通り、VS2015でビルドした結果、VS2013よりも7%程度速くなりました(=少し強くなりました)。

こちらで公開しています。
  ⇒ 対局将棋ソフト K-Shogi

2015年7月31日追記
Windows10で正常に動作することを確認しました。(配布ZIPファイル内のReadMe.txtのみ差し替えました)


K-Shogiをバージョンアップしました

K-Shogiをバージョンアップしました。約1年ぶりです。。。
ダウンロードは http://www.studiok-i.net/ からお願いします。

更新内容は以下の通りで、主に将棋電王トーナメント参加に向けて修正した内容になります。
64bit版は将棋電王トーナメントでも問題なかったので、βをはずして正式版とします。


将棋電王トーナメント(決勝トーナメント1日目)

本日、将棋電王トーナメントの決勝トーナメント1日目が行われました。

K-Shogiの1回戦目の対局相手はAperyとなりました。Aperyは作り始めてから3年とのことですが、探索速度が高く、評価関数の精度も非常に高いプログラムだと思いました。Aperyとは昨日の予選でも当たっており、良いところなく負けてしまったので、勝てる気がしません。まぁ8位以上のどことあたっても勝てる気はしないのですが。

決勝トーナメントの持ち時間は2時間切れ負け(予選は15分持ち、切れたら10秒持ち)でした。過去にこのような長い持ち時間での対局をしたことがなく、案の定というか、対局直前のテスト対局で時間をほとんど使ってくれないバグを発見してしまいました。いえ、見つけられてラッキーでしたが。
バグというのは、昔のPCが遅い時代のコードが原因で、反復深化の最大が14までというものでした。そんなもんすっかり忘れていました。今回のように速いPCでは序盤だと8秒ぐらいで探索が終了してしまいます。
あわてて10分ぐらいで修正してそのまま本番に突入してしまったので、ちゃんと治っているか、また他のバグを仕込んでいないか、定跡が切れた後の1手目は非常に心配でしたが、143秒使って問題なく指してくれました。ふぅ。

対局の内容はK-Shogiとしては時間を十分使えたこともあり、大きく崩れることはなく精一杯頑張っていたように思いましたが、いかんせん実力の差は大きく、155手で負けました。
ちなみに消費時間は1時間39分でした。

1回戦で負けてしまいましたが、目標の決勝トーナメントに出られたので満足です。
また、今回、将棋電王トーナメントに参加して、開発者の皆さんと会話をさせていただいたことでモチベーションが上がり、また頑張ってみようかなという気持ちになりました。開発時間の確保が最大の課題ですが。。。
このようなイベントを開催していただいて、ドワンゴ様に感謝いたします。

【関連リンク】将棋電王トーナメント 大戦結果

【関連書籍】






将棋電王トーナメント(予選)

本日、将棋電王トーナメントの予選が行われました。
参加チーム数は18チームでした。コンピュータ将棋選手権に比べるとだいぶ少ないですね。GPSや激指といった競合チームも参加されていませんでした。
各チームは8試合し、上位の12ソフトが決勝トーナメントに進むことができます。

K-Shogiの成績は4勝4敗で10位となり、何とか決勝トーナメントに進むことができました。
こちらに結果が掲載されています。

今回、PCは主催者側で用意された統一仕様のものを使用しますが、電王戦公式統一採用パソコンとして、ドスパラにて販売されているようです(笑)
http://www.dospara.co.jp/5info/share_g.php?contents=denou

K-Shogiは約4年間、ほとんど改良ができていなかったですが、強豪チームがひしめく中、今回の目標である決勝トーナメントに進出できて満足です。明日も(コンピュータが)がんばります。


将棋電王トーナメント(その3)

持ち時間2時間のテストをしてみたところ、落ちてしまうことがわかりました。。。

というか、持ち時間には直接関係なく、7スレッド以上だと落ちてしまうようです。
手持ちのPCはCore i7 3770Kなので、4コア, 8スレッドで動かせます。8スレッドでは結構頻繁に落ちてしまうようです。。。以前のテストでは8スレッドでも問題なかったのですが。
以前テストした時のCPUはCorei7-975だったので、CPU依存かとも思いましたが、そんなことはないでしょうね。
7スレッドではエラーの頻度は少なくなり、6スレッドでは今のところ落ちていません。
スレッド間の同期で失敗しているのでしょうが、デバッグモードだと落ちなくて原因は見つけられていません。(ソースも覚えていなくてよくわからない。。。)

将棋電王トーナメントで使用するPCのCPUは6コア, 12スレッドとのことなので、6スレッドで動かす予定。本番で落ちないことを祈ることにします。

(11/3追記)本番でも、予選および決勝1日目、共に6スレッドの設定で動かしましたが、落ちることはありませんでした。よかった~