Arduino+ダイセンモータードライバー(その2)

前回、うまくいかなかった、Arduinoでダイセンモータードライバーを動かす実験ですが、少しゴール(スタート?)が見えてきました。

まず、先日の生AVRブレッドボードで動かしてみます。

前回のコメントでぽよこまだんなさんからアドバイスいただいて、SCLとSDAはモータードライバー側でプルアップされているので、直結すれば良く、配線はすっきりです。

f:id:studio_k:20100228212904j:image:w240

プログラムはI2Cのところから作らないといけないので、ここを参考にしました。

最初は一応動くものの、すぐに止まってしまう状態でしたが、以下の2点でだいぶ改善できました。

  • WinAVRのコンパイルの最適化を-Osから-O0または-O1にする。
  • データ送信後の終了処理の前に少しWAITを入れる。

これで5分ぐらい持つようになりました。

Arduino上での動作は次回へつづく。


本格派対局将棋 ぴよ将棋
本格派対局将棋アプリ ぴよ将棋
[Android] [iOS]

かわいい「ひよこ」と対局する将棋アプリ。かわいいけどAIは本格派!
対局後の検討機能や棋譜管理機能も充実!棋譜解析機能も搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。