Core i7

Core i7は4つのコアに加えてHyper-Threading(以下、HT)で8スレッド動かせますが、Pentium4の時はコンピュータ将棋にはHTはあまり有効でないとの噂もありましたので、調べてみました。

同じPCで4スレッドと8スレッドで自己対局させたところ、125勝99敗(勝率:55.0%)で8スレッドの方が勝ちました。少なくともK-ShogiではCore i7のHTは有効なようです。

ただし、今回は1台のPCで自己対局しましたが、他PCとの対局では、4コアだとTurbo Boostが効くということもあるかもしれません。

また、4スレッドの場合はSetThreadAffinityMaskで1つおきにコアを使用していますが、私の環境(XP 32bit)では問題なさそうですが、一般的にこのやり方で正しいのか、今ひとつ自信がありません。


Android用 本格派対局将棋 ぴよ将棋
本格派対局将棋 ぴよ将棋

かわいい「ひよこ」と対局するAndroid用将棋アプリ。かわいいけどAIは本格派!
対局後の検討機能や棋譜管理機能も充実!棋譜解析機能も搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。