Unity5でGoogle Cardboard SDK for Unity に再注目!

cardboard

先日、Unity5の正式版が発表されました。
Unity5ではこれまでPro版のみでしか使用できなかった機能の大半が無料版のPersonal Editionでも使用できるようになりました。

一方、2014年12月にリリースされていたGoogle Cardboard SDK for Unityではサイドバイサイドの2画面表示はUnity Proでしかできませんでした。

【参考リンク】Google CardboardSDK を使ってみた

最近、VR界ではOculus Riftが盛り上がっていますが、Cardboardの盛り上がりはいまひとつでした。(1画面版のハコスコは盛り上がっていますが、やっぱり、サイドバイサイドの立体視で楽しみたいです。)
※Cardboardについてはこちらの記事も参照ください。⇒【Cardboard】ダンボールで作るヘッドマウントディスプレイ

Unity5のPro機能解放によって、Google Cardboard SDK for Unityのサイドバイサイドが動くようになったと思われます。
というわけで、Unity5 Personal EditionでGoogle Cardboard SDK for Unityを試してみました。


以下の手順でCardboard SDK for Unityのサンプルを動かす準備をします。

  • Cardboard SDK for Unityのサイトからv0.4.5をダウンロードします。
  • Unity5にて新規プロジェクトを作成します。
  • ダウンロードしたCardboardSDKForUnity.unitypackageをインポートします。

さっそく、サンプルシーン(DemoScene)をUnityエディター上で動かしてみると、、、問題なく動きました。(ここまではUnity4のFree版でも動いたのですよね。)
cardboard02

続いて、Android用にビルドして、apkファイルをAndroid端末(NEXUS5)に転送し、インストール、実行してみると、、、画面が真っ黒です。。。
一瞬、残念な気持ちになりましたが、Cardboard SDK for Unityのリリースノートを良く見てみると、
「Unity5 black screen: The CardboardGUI script causes the screen to go black when used in Unity 5. Removing or disabling it fixes the issue.」
と書かれており、Unity5ではCardboardGUIが真っ黒で使えない問題があるということのようです。

そこで、サンプルプログラムのスクリプトAssets\Cardboard\DemoScene\Teleport.csの26行目を

のように変更してみたところ、、、動きました!!!
きちんと樽型に補正されており、Cardboardに装着してみるととても自然に立体的に見えます。
cardboard01

世の中Oculus Riftが盛り上がっていますが、これからはCardboardも盛り上がってくることが予想されますね!!!








Android用 本格派対局将棋 ぴよ将棋
本格派対局将棋 ぴよ将棋

かわいい「ひよこ」と対局するAndroid用将棋アプリ。かわいいけどAIは本格派!
対局後の検討機能や棋譜管理機能も充実!棋譜解析機能も搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。