【Unity5】ユニティちゃんライブステージ!と拙作ゲームをUnity5で動かしてみた

前の記事Google CardboardSDK for Unityに引き続いて、Unity5の試用をしてみました。
今回は、拙作ゲームの「クエリちゃんのバルーン集め」および「ユニティちゃんの羊飼い」をUnity5で動かしてみました。また、Unity4のPro版が必要だった「ユニティちゃんライブステージ!」をUnity5で動かしてみました。


拙作ゲーム「クエリちゃんのバルーン集め」を動かしてみた

マスコットアプリ文化祭に応募した「クエリちゃんのバルーン集め」をUnity5で動かしてみました。
タイトル画面はこんなんになってしまいました。。。
クエリバルーン01

背景(ZENRIN Japanese Otaku City)がピンクになる現象はUnity4でも発生していました。Unity4ではProject Settings ⇒ Other SettingsのUse Direct3D 11のチェックを外すことで、直ったのですが、Unity5で同様にしても改善されませんでした。
また、空(SkyBox)がところどころ黒くなるのはBeta版の時からの既知の問題であるようで、テクスチャを選択すると表示される「Fix Now」のボタン押せば直るらしいです。(参考リンク:Unity 5 がリリースされました)

ゲーム画面は動きませんでした。。。今後、原因を調べて行きたいと思います。

2015年3月8日追記
背景(ZENRIN Japanese Otaku City)がピンクになる現象は「Oculus Riftで遊んでみよう 【OtakuCity編】」の通りにシェーダーを修正することで直りました。
queryballoon16
しかし、ゲーム画面は相変わらず動きません。CharacterControllerをコンポーネントに追加しただけで”CharacterController settings are invalid.”のエラーになります。CharacterControllerを使わないようにすれば回避できると思いますが、Unity5のバグだと思いますので様子を見ることにします。

2015年3月12日追記
CharacterControllerのエラーの原因というか現象がはっきりしました。
背景に使用しているZENRIN Japanese Otaku Cityはなぜかスケールが小さいため、クエリちゃんのスケールを0.1にしているのですが、どうもスケールが小さすぎるとCharacterControllerがエラーになるようです。

拙作ゲーム「ユニティちゃんの羊飼い」を動かしてみた

お正月に作ったゲーム「ユニティちゃんの羊飼い」をUnity5で動かしてみました。
ユニティちゃんの羊飼い01

空(SkyBox)がところどころ黒くなる他は問題なさそうです。
ゲームも問題なく動きました。羊の動きがすこし速くなってしまっているような気はしますが。

2015年3月8日追記
空(SkyBox)を直しました。
sheep03

ユニティちゃんライブステージ!を動かしてみた

ユニティちゃんライブステージ! -Candy Rock Star- はUnity4のPro機能を使用しており、Unity4のFree版で動かすと以下のように、少し残念な状態になります。
ユニティちゃんライブ01

以下はUnity5のPersonal Editionで動かしてみたところです。
ユニティちゃんライブ02
ユニティちゃんが少し白い(?)ですが、エフェクトなどもきれいに表示されました。

2015年3月8日追記
ユニティちゃんが白くならなくなる方法を@wakaさんに教えていただきました。
⇒ Assets\UnityChan\PrefabsのCharacterLightのIntensityを1.0に変更する。
結果、以下のようになりました。
ユニティちゃんライブ04

ちなみに、Unity4のPro版だと以下のように表示されていました。(公式のUnityWebPlayer画面より)
ユニティちゃんライブ03

ユニティちゃんライセンス

このコンテンツは、『ユニティちゃんライセンス』で提供されています







Android用 本格派対局将棋 ぴよ将棋
本格派対局将棋 ぴよ将棋

かわいい「ひよこ」と対局するAndroid用将棋アプリ。かわいいけどAIは本格派!
対局後の検討機能や棋譜管理機能も充実!棋譜解析機能も搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。