FM3マイコンでLチカ

販売されてからだいぶ経ってしまいましたが、インターフェース誌2012年6月号付属のFM3マイコン基板 (富士通製Cortex-M3コア搭載マイコン MB9BF618T)を試してみました。

f:id:studio_k:20120929225622j:image:w320

今回のFM3マイコン(MB9BF618T)のスペックはかなりの高スペックです。

動作クロック 144MHz
フラッシュROM 1MB
RAM 128KB

開発ツールにIARの評価版(32KB制限)を使用して、SysTickタイマを使用したLED点滅のサンプルは本に書かれている通りであっさり動きました。
しかし、フラッシュROMが1MBもあるのに32KBまでというのはつらいです。(30日間期間限定もありますが、現在の私のペースではほとんど動かさずに期限オーバーとなってしまうでしょう。)
MDK-ARMの評価版も32KBまでとのことです。

そこで、インターフェース誌2012年7月号で紹介されていた、GCC+Eclipseベースの開発ツール(Pizzafactory8 CQ版)を試してみました。
CQ版と言いつつそのまま動くようにはなっていないようでかなり苦労しましたが、ここなどを参考に、なんとかLED点滅サンプルが動きました。


本格派対局将棋 ぴよ将棋
本格派対局将棋アプリ ぴよ将棋
[Android] [iOS]

かわいい「ひよこ」と対局する将棋アプリ。かわいいけどAIは本格派!
対局後の検討機能や棋譜管理機能も充実!棋譜解析機能も搭載!

「FM3マイコンでLチカ」への1件のフィードバック

  1. どうも。非常に参考になるブログ、ありがとうございます。

    Interface誌2016年6月の付録マイコンFM3に関するお願いがありまして、、、。
    当時本誌を購入しておいて、時間が取れたら取り掛かろうと思っていました。
    思わぬ闘病生活を強いられて、マイコンはそのまま放置状態でした。

    最近ちょっとだけ体調が良くなってきて、ずっと心残りだったFM3マイコンいじりをしようと思い、本誌やネットであさっていたら、本マイコン用のFujitsuさんの特設ページが消えていました。ガーンです。他にいくら探しても見つかりません。CQ出版の特設ページにも提供されていません。

    そこで、もしもですが、Fujitsu特設で提供されていたFlash USB Direct Programmerやサンプルプログラムをまだお持ちでしたら、ご提供お願いできませんでしょうか?特にFlash書き込みソフトが無ければ全部が無駄になります。

    だいぶ時間も経過しているでしょうから、ダウンロードしたファイルなどを探すのも一苦労でしょう。お仕事などに差し支えない程度で結構ですので、どうかご理解とご協力をお願いいたしたいと思います。

    失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。