Google Cardboard SDK for Unityがv0.4.9にバージョンアップしたので試してみた

3月7日に、Unity5およびGoogle Cardboard SDK for Unity v0.4.5について書きましたが、昨日、Google Cardboard SDK for Unityのv0.4.9がリリースされましたので、さっそく試してみました。

Cardboardのサンプルを動かしてみる

リリースノートによると、uGUIの対応やUnity5の対応がされているようです。
また、Unity5でビルドした場合、Android実機にて画面が真っ黒(真っ白?)になってしまう件について「Development Build」で改善される旨記載がありました。
#私の環境(NEXUS5 Android5.0.1)では「Development Build」でなくても問題ありませんでした。

前バージョン(v0.4.5)ではサンプルシーンはCardboardGUIをオフにする必要がありましたが、v0.4.9ではそのままで動作しました。
CardboardGUIは使用されなくなっており、uGUIベースになっているようです。

私の環境(NEXUS5 Android5.0.1)ではすんなり動きました。
cardboard10

GUIも動きました。
cardboard11

クエリちゃんのバルーン集めをCardboard対応させてみた

試しにマスコットアプリ文化祭に応募したミニゲーム「クエリちゃんのバルーン集め」をCardboard対応させてみました。3人称視点ですな。。。

UIをどうやるのかわからなく(というか、まだ調べてません)、タイトルなども表示されていませんがとりあえずUIなしで操作できるようにしてみました。
cardboard13
Skyboxの表示のさせ方が分かりませんでした。Cardboard SDK for Unityのリリースノートには標準のSkyboxでOKのような記載がありましたので、やり方はあるのだと思います。

さて、ゲームの方は、、、
cardboard14
表示は問題ないものの、ゲームとしては、、、
むっ難しい。。。操作性に難ありです。
ジョイパッドだったら操作できそうですが。。。Cardboardのゲームは操作性の設計が難しいということが分かりました。

2014年4月17日

v0.4.10がリリースされてます。大きな変更は無いようです。

[amazonjs asin=”B00OII74OU” locale=”JP” title=”Google Cardboard (グーグル・カードボード)”]
[amazonjs asin=”B00OIHU042″ locale=”JP” title=”ハコスコDX(デラックス)黒”]
[amazonjs asin=”4883379671″ locale=”JP” title=”Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発”]
[amazonjs asin=”4822277208″ locale=”JP” title=”ユニティちゃんでゲームを作ろう (日経BPパソコンベストムック)”]
[amazonjs asin=”4798042765″ locale=”JP” title=”主婦ゆに!もしも、プログラミング経験がない文系の主婦がUnityをはじめて1ケ月でミクさんを出”]
[amazonjs asin=”4798137464″ locale=”JP” title=”Oculus Riftでオレの嫁と会える本 UnityとMMDモデルで作る初めてのバーチャルリアリティ”]


本格派対局将棋 ぴよ将棋
本格派対局将棋アプリ ぴよ将棋
[Android] [iOS]

かわいい「ひよこ」と対局する将棋アプリ。かわいいけどAIは本格派!
対局後の検討機能や棋譜管理機能も充実!棋譜解析機能も搭載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。